本日 7 人 - 昨日 28 人 - 累計 40777 人
DSC_0035身体と心、両方が揃って初めて健康と言えます。どちらかが良くてもそれは本当の健康とは言えませんね。身体の不調が続くと心も害されて来ますし、心の不調が続くと身体も害されてしまいます。両面の状態を出来るだけ良く整えることがコンディショニングであり、やっておきたいことなのです。

今月の初旬、自分もちょいと不調になっていました。特に寝込んだりするまではいかないものの、変調が身体に起きていました。その時の自分を振り返ると、身体にも心にも余裕が無くなっていたのが事実。何とか平静を装っても上手くは行きません。

睡眠時間を十分に取り、入浴時間もリラックスを心掛け、食事も腹八分目に抑え、徐々にいつもの状態に戻りました。いつもの基本的生活習慣の大切さを改めて実感した今日この頃...。

「基本的なことの確認こそ、コンディショニングの基本なんだなぁ~!」と気付かされた43歳の春でした。40代も中盤に差し掛かり、病気や怪我の怖さをしっかり考えなくてはいけません。いずれ終わりが来るものですが、やっぱり楽しく健康で元気に過ごしたいものです。

なので...日頃のコンディショニングはしっかりやっておきましょうね!



DSC_0059
昨日の出張コンディショニング、指導先の監督さんが選手達に良いお話をしていました。とても素晴らしい内容だったので、このブログにて書かせて頂きます。

「瞬間を変えることは難しい...でも準備をしっかり整えておけば、変えられるのではないか?」

野球に限らず、ゲームが始まれば時間を止めることはできません。ましてプレーを巻き戻してやり直し等はできません。その瞬間を自分の思うようにしたいのならば、その前段階から準備をしてモノにする...こう言った意味が含まれています。

準備をせず、行き当たりばったりで過ごしていては、その瞬間を無駄にしてしまうことがしばし。自分にとって最高の瞬間を手にしたいのなら、日頃から準備を怠らずにしておくこと!なのですね。

教える側も実は教わっている...また実感しました!

20180121_092704大阪桐蔭が快挙を成し遂げて、今年の選抜高校野球が幕を閉じました。プロ野球も開幕、全国各地では野球が盛り上がっていることでしょう(野球が好きなので、どうしても野球中心です...すいません)。

当院は6月で15周年を迎えます。開院からの志は変わらず、“コンディショニング治療院”でありたいと日々願っています。

毎年のことではありますが、肩や肘の痛みで来院する球児は非常に多いのが現状です。「何とかせねば...」と思いますが、まずは小さな取り組みからです。準備体操や整理体操、十分な食事と睡眠、疲労回復を促す心地良い入浴、等々。当たり前のことを当たり前に繰り返す、小さなことを徹底することが始まりです。

治療を通じていろいろと探りを入れるのですが、何かしら不足していますね。治療業務の傍らでトレーナー業務、プライベートでは学童野球のコーチもやらせて頂いています。現場には改善策のヒントがたくさんあります。上達する前に、まずは怪我をしない準備を!常々思うことであります。

新年度もたくさんのサポートができるよう、まずは自分も元気で在りたいと思います。皆様どうぞ宜しくお願い致します♪